YOGA

楽健ヨーガ

heart01楽健ヨ-ガのすすめ

◆楽健法rakken1.gif

note 楽健法(らっけんほう)は、足で筋肉を踏みほぐすことで血液・体液の流れを改善し、
  歪んだ骨格を整える事を基本としています。
  又、心と密接な関係がある筋肉をほぐす事は、リラクゼーションとしても高い効果が
  期待されます(ヨガ・ルーシー共に同じ理念で実地しております。)

note 『2人ヨガ』とも呼ばれ、足の付け根~つま先まで、そして腰の周りから腕、肩まで
   
マッサージできる施術法です。
   行う方は、手で行うより負担が少なく、足の裏が刺激され温かくなりバランスを取り
   ながら体重移動を繰り返す事で、身体が整います。

note される側は、圧がかかる面積が大きく深いリラックス効果もあり、滞りがちな血流、
  リンパ流が正され心身がすっきり元気になれる健康法です

note 最近スキンシップ不足から、大人も子供も精神的な不調を抱える人が増えている
  そうです。楽健法は他の健康法と違い、2人でなければ行う事が出来ません。
  相手の体を気遣いながら踏みあいますので、硬かった心と体がほぐれる頃には、
  
より良い関係が築けていることでしょう

note 踏んで踏まれて1セットの健康法ですので、踏まれて気持ちが良いだけでなく、相手
   のことを気遣ったり、自分で気づいていない体の歪みに気づかされたり、自然と会話

  が弾むなど、思わぬ収穫もあります。楽健法そのものは、痛い?方も。
  (個人差)こともありますが、最終的にはとてもリラックス&病みつき!になります。

 

※ 痛み、張りや凝りは、体のメッセージ! ご自身の体としっかり向き合うことから癒しが始まります。※

※ このクラスでは、基本技法を皆で行い、やさしいタッチと圧をスキンシップの中で体感いただきます。※

                      詳細はクラス内でご説明いたします。

 

123.JPG

  ~シャーラでの楽健YOGA~    

ヨーガのアーサナ、呼吸法、内観・・しいてはセラピー要素を組み込んで、基本を習得いただきます。ここでのセラピーは、ほぐすなどと言う足技による効果だけをさすのではなく、いつものヨガクラスと併用し、相乗効果が期待でき、
自身の身体と相手の身体を通して行う奥深い癒し、客観的内観を深め、気付きを体感いただくものです。

 

heart全身が良くほぐれるので体がかたいと思っている方にも最適です

heart老若男女、妊婦さんもマッサージを受けることができます(みんなにしてあげられます)

heart筋肉がほぐれるのでヨガのアーサナも楽にできるようになってきます

heart01マッサージしてもらうことで、自分の体について敏感に感じられます

heart01他者を踏むことでバランス感覚、足裏マッサージ効果、客観的内観などが得られます。

heart家族でステッピングマッサージができると、とてもよいスキンシップになります 

 

 



この技法は、様々協会によって、手技が追加され、進化しているようです。楽健法(足圧法)・足心健康法・ステッピングマッサージ・若石楽健法、フ-レセラピーなどなどがあげられます。各、協会やサロンにおいてもコンセプトがあり、多少違ってる部分もありますが差ほど大きな違いはないようです。

Asana(アーサナ)

アーサナ=ゆったり安定した姿勢・体位 (パタンジャリ・ヨガスートラより)

3326131.jpg

いわば、ヨガのポーズのことですが、「運動」ではなく,姿勢!!ということです。

故に、アーサナを行う際、【 リラックスし楽な姿勢】が大切です♪
そして、土台をしっかりつくると、軸も安定し、無駄な力が抜け、長時間同じ姿勢でいられるのです。
 

また、重要なのは、体の安定は心の安定につながります。体と心は密接に繋がりをもっているので、アーサナを行うことで体をほぐして、リラックスし土台をつくり精神的な部分へアプローチが出来てきます。

自分の体に意識が行かない状態で、いくら練習を積んでも、また、難しいポーズが綺麗にとれたとしても、それは単なるポーズでしかありません。>< 眉間にしわを寄せて頑張るものではななく、力を抜いたときに心身解放が得られます。


各アーサナによる肉体的な効能も様々あります。が、そこに執着せず、また、間違ってもエクササイズではありませんので、体と心の安定を得て行く上でもたらされるものを受け取とっていきましょう。

※とはいえ、エクササイズ要素は兼ね備えてます。筋肉や骨の強化、姿勢の安定には不可欠です。
 

【全ては、心が決めています。】  ~体を整え、心とつながる~

呼吸

ヨガを行う際、最も重要なのが、【呼吸法】
様々な呼吸法がありますが、【心地良さ 】を優先しましょう
慣れてきたら 相乗効果を求め様々な呼吸法を行ってみましょう

指導者の声や 他人に合わせる必要は
ありません。が無意識にしている呼吸は体にとってとても影響力があるものなので、正しい呼吸を心がけ行いましょう →その為の練習なので慣れてきたら合わせてみましょう。

呼吸もアーサナも
【自分が主役】です。無理せず行うことが大切です

まずは呼吸 ポーズは2の次。
きれいにポーズをとる事は目的ではありません。

呼吸法は
自分自身をコントロール・集中する為、そして内臓を元気にするなど様々な効果があるのです。

器官の中で唯一自分でコントロール出来る→呼吸

自律神経を整えリラックス効果もあるのです。
何気にしている呼吸をしっかり見直し 生活に役立ててみましょう。

腹式呼吸
内臓のマッサージ効果、冷え・便秘、リラックス効果、イライラやストレスに!高血圧にもお勧め。
胸式呼吸
胸で息を吸う事で自然に姿勢矯正されるのが特徴。胸の筋肉がストレッチされスッキリし、心身共にリフレッシュ出来る
完全呼吸
肺全体を使い呼吸する。腹・胸・肩式呼吸を順にしゆっくり吐き出す事で全神経、心臓の運動を鎮め血圧を下げ消化を促進。リラックスや内臓マッサージ効果も
自然呼吸
自然にわき起こる内側からのリズムに合わせる。吐く、吸う息事に胸・腹・背中・腰の脈動、鼻孔に意識を向けると、効果的。宇宙普遍の生命力を結びつけるイメージで精神力を高める
ウジャイ呼吸
胸式呼吸の一つ
気の流れをコントロールする呼吸法。力の支配を意味し【勝利の呼吸】と言われる。
お腹を凹ませ口を閉じて行う。喉の後ろの器官を細くしたイメージで腹圧を高め吸う。吐く息、吸う息リズムは均一
喉の奥を空気が通る音がスゥースゥーと聞こえ、それに集中する事で意識が高まる。喉で空気を吸っている事を意識出来、入ってくる空気を細くした器官で温め 体内へ送り込むことで内臓系の器官の活性化に繋がる。 

内観・集中

マインド (思考)

体の準備ができたら・・心と向き合ってみましょう。

気持ち(マインド)は忙しく、散漫ではないですか?
問いかけてみて
【マインドは散漫しています

自分のマインドは
"今"どこにあるの?

無理せず、自然体の自分を感じて・・

ジャッチせず、全てを受け入れていきましょう。(まずここをクリア・執着を手放すこと。)
    ↓
【癖を知る】
(過去・現在・未来)内観してみよう。
    ↓
今へシフトする
※振り分けてみましょう
(レッスン内で練習
    ↓
目を閉じ感じて
五感・呼吸・体重・全身の感覚など

自分とは何か?

今ここ にシフト → 【集中】

過去を悔やみ、変わるならどうぞ!
未来を心配し、良くなるならどうぞ!
でも、 この今が 一番大事
そこから 全てが始まり繋がるのです

瞑想

 瞑 想

  本来の自己、本音の自分、真実の私へと向かうための唯一のツール

↓ 

本来の自己、本質、真実 =

本来はそこにずっとあるのに、気付かない振りをしていた自分、
意識していなかった本来の自分に近づいていく為のツール

 

k6351016.jpg

 瞑想は、リラクゼーションとは違います。意識は常に今ここにつないで・・ 妄想・空想にならないように・・

 

日常の忙しさで、バラバラになりがちな、

心(感情・意識)と身体!これを結ぶためのメソッド!

この瞑想にいたるために体や呼吸を整えるためヨガというツールを使っています。
【ヨガ=結ぶ】

 

 

 

シャーラでは主に【イメージ瞑想】を行っています。

21030686.jpg
自分と向き合い、客観的に観ていくことにより
心の成長、精神性を高めることを目指しています。

気づき・癒しがおきる
(答えは内側にあります。自分を癒すのは自分なのです。)

 

瞑想法で、共通するのは 【集中】

「今ここ」 その一瞬一瞬に意識を集中し、

その自分に
 気付いていくこと」

シャーラでは、前段階として、安楽座に入る準備段階から、

「ヴィッパーサナ瞑想法」を取り入れ「気づきと集中」
を促すよう心がけております。
また、ルーシーダットンや、一部フィットネスにも応用し、

 

マインドフルネス(認知行動療法)・気づきとして、
今の自分を認知、認識していくことを

動きの瞑想を元に実践していきます♪


この「気づきサティが、瞑想の重要ポイント!(気づきの瞑想」)

 

ここへ、いたるまでのアーサナであり、呼吸であり、内観、集中・・・
すべてがあり、調和し、心と体、そして魂が
三位一体となります。

21185531.jpg

内観することで、バラバラになっていたものが、つながっていき、

それが、健全な精神性(=スピリチュアルヘルス)へとつながっていきます。
 

なので、瞑想を続けていく過程で、感性が磨かれ、より繊細になってきます。

 なんとなく~を感じることが増えてきます。 = 直感】が働くようになっていきます

見えないもの(エネルギーなど)、人・動植物の意識を感じ取ったり、

直感は、本音=魂の声

(その声を聞けるかどうか・・また、直ぐしたがって良いかどうかはまた別) 

 

この、(直感=魂=本音)との繋がりは、ネガティブな思考や行動パターンを

浄化する働きがあると言われています。

 

 それによって、思考(頭)ではなく、何度もくる直感(=魂の声=心、ハート)に従い、

進むことが出来ると、魂の成長を促すこととなり、結果

自身の、考え方に柔軟性が出、自分や周囲とも調和が取れるようになってきます。
 

これ自体が学びであり、成長となっているのです。

しいては、本当の意味で理解し、落としこめた時
それを「悟り」と受取っております。 

白河市・矢吹町・西郷村 ヨガ・ヨーガ・ルーシーダットン 教室